京都大学飯山研究室の平原君が,ニュージーランド・オークランド市で開催されたパターン認識に関する国際会議ACPR2019にて,”Denoising and Inpainting of Sea Surface Temperature Image with Adversarial Physical Model Loss”のタイトルで口頭発表を行いました.

本研究では,衛星が観測した海表面温度データのうち雲に隠された部分を,敵対的生成ネットワーク(GAN)を用いて低計算コストでリアルタイムに復元する技術を提案しました.

Mr. Hirahara at ACPR2019

Mr. Hirahara at ACPR2019