2019年11月26−29日にニュージーランドのオークランド市で開催される、パターン解析に関する国際会議であるThe 5th Asian Conference on Pattern Recognition (ACPR2019)において、京都大学飯山研究室の修士学生である平原暢之君が、”Denoising and Inpainting of Sea Surface Temperature Image with Adversarial Physical Model Loss”と題して、研究成果を発表します。