[論文] *Sorry, Japanese only
海水温パターンのクラスタリングによる良漁場推定
飯山 将晃, 趙 詣,橋本 敦史, 笠原 秀一, 美濃 導彦
電子情報通信学会論文誌,Vol.J101-D, No.8, pp.1070-1078,_To be appeared_.
DOI: 10.14923/transinfj.2017IUP0006

[国際会議]
Restoration of Sea Surface Temperature Satellite Images Using a Partially Occluded Training Set
Satoki Shibata, Masaaki Iiyama, Atsushi Hashimoto, Michihiko Minoh
International Conference on Pattern Recognition (ICPR2018),,2018-08.
Download:PDF

[研究発表] *Sorry, Japanese only
サステイナブル漁業に向けたデータ指向型リアルタイム解析基盤の開発
飯山将晃
人工知能学会全国大会,KS-5 企画セッション「人工知能によるイノベーション創発」,2018-06.

[国際会議]
Fishing Spot Estimation by Sea Temperature Pattern Learning
Masaaki Iiyama, Kei Zhao, Atsushi Hashimoto, Hidekazu Kasahara, Michihiko Minoh
Oceans 2018,,2018-05. Slideshare
Download:PDF

[講演] *Sorry, Japanese only
海洋パターン解析が実現するサステイナブルオーシャンとそのビジネス展開~AI漁業の取り組みから~
飯山 将晃, 笠原 秀一
gコンテンツ流通推進協議会g-life委員会,,2018-03.

[講演]
AI meets Fishery -Pattern Recognition Approach for Fishery Applications- Masaaki Iiyama
Invited Talk, University of Science and Technology Beijing, China,2017/11/13,2017-11.

[研究会] *Sorry, Japanese only
画像認識的アプローチによるアカイカ漁場推定手法の開発
飯山 将晃, 趙 詣, 橋本 敦史, 笠原 秀一, 五十嵐 弘道, 齊藤 誠一, 美濃 導彦
水産海洋学会研究発表大会,,2017-11.

[研究会] *Sorry, Japanese only
事業モデル仮説に基づいた水産業における産学連携の試み:『サステイナブル漁業に向けたデータ指向型リアルタイム解析基盤の開発』での取組事例 笠原 秀一,飯山 将晃,美濃 導彦
研究・イノベーション学会年次学術大会,2B03,2017-10.

[研究会] *Sorry, Japanese only
パターン認識は良い漁場を見つけることができるか? – 海水温パターンのクラスタリングに基づく良漁場推定- 飯山 将晃, 趙 詣, 橋本 敦史, 笠原 秀一, 美濃 導彦
第20回画像の認識・理解シンポジウム, MIRU2017,OS4-2,2017-08.

[研究会] *Sorry, Japanese only
学習型インペインティングとオプティカルフローを用いた海水温画像の欠損修復
柴田 哲希, 飯山 将晃, 橋本 敦史, 笠原 秀一, 美濃 導彦
第20回画像の認識・理解シンポジウム, MIRU2017,,2017-08.

[国際会議]
Restoration of Sea surface temperature Images by Learning-based and Optical-flow-based Inpainting
Satoki Shibata, Masaaki Iiyama, Atsushi Hashimoto, Michihiko Minoh
IEEE International Conference on Multimedia and Expo (ICME) 2017,pp. 193-198,2017-07.
DOI: 10.1109/ICME.2017.8019401 Download:PDF