飯山研究室の平原暢之君が、早稲田大学で開催されている電気情報通信学会総合大会にて、「敵対的物理モデル損失を用いた海面水温画像修復」のタイトルで研究発表を行いました。

本研究は、敵対的物理モデル損失の概念を導入し、海洋の数値モデルに基づくデータ同化画像とGANによる敵対的学習によって、雲に隠された部分の海水温度を復元する手法を提案しています。